新国立劇場バレエ団「くるみ割り人形」

11月19日(日)に、びわ湖ホールで新国立劇場バレエ団の『くるみ割り人形』がありました。
地主バレエからたくさんのメンバーが応援に行って来ました。
新国立劇場バレエ団オリジナルの演出の、今までとは違ったくるみ割り人形でとても新鮮でした。
奥村 康祐は、ドロッセルマイヤーの甥っ子、くるみ割り人形、そして最後は王子様と、一幕から踊りっぱなしで大活躍‼
キレのある踊りがとても素敵でした。
クララ役の池田 理沙子さんはじめ、ソリストの方の踊りが本当に素晴らしく、関西に居ながらにして観れたことが感激です。
コールドバレエの雪の精や花のワルツも美しく、本当に凄かったです!
今回、趙 載範は出演してなくて残念でした。

シェアする